Life in abroad

Life in abroad

ボルドーを中心にフランス生活をテーマにしたブログです。おいしいものやお得情報、気になったことをつづります。

トゥールーズを1日観光のはずが。。。【Toulouse 観光】午後編

前回はトゥールーズ観光の午前編でした。↓

lifeinabroad.hatenablog.com

 

トゥールーズを1日観光した日はなんと、Gilets jaunes (黄色いベスト運動) の一周年記念日。

大きなデモが予測されている、ちょっと危ない日に観光することに。

 

午前は特に何も問題なく観光できました。

今回は午後編。

 

ランチを済ませてマルシェを出たのが13時半くらい。

トゥールーズ駅前にお気に入りのお店があったので見に行くことに。

 

 

船上でお買い物!トゥールーズの名産「スミレ」の花の商品

トゥールーズ駅前までは中心地から徒歩約10分程度。

駅前には小さな運河、ミディ運河が流れています。

その運河の上にたたずむ一隻の船、これが私のお気に入りのお店。

 

La Maison de la Violette


こちらではトゥールーズの名産、「スミレ」の花の商品を販売しています。

 

スミレの花の商品を扱っているお店は、トゥールーズの中心街にもいくつかあるのですが、ここのお店は川の上、船の中がお店になっているというちょっと珍しいお店。

 

以前訪れた際にこちらでお買い物をしたことがあるのですが、キャンディやヌガーなどのお菓子はもちろん、コンフィチュールや紅茶、石鹸やスミレをモチーフにしたタオルなど、この小さなお店の中にたくさんの種類の商品が取り揃えられています。


店内はこんな感じ↓

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Valete de Copas(@valetedecopaspt)がシェアした投稿 -

 

お店の中は少し狭いのですが、たくさんの種類の商品が置いてあり、前回来店した時には店員さん (たぶん店長さんらしき人) が、とっても親切に対応してくださいました。

駅からも近いので、ミディ運河沿いをお散歩ついでに訪れてみてはいかがでしょうか。

 

La Maison de la Violette

WEB:https://www.lamaisondelaviolette.com/fr/

 

 

訪れた日はちょうどお昼休憩中で閉まっていました。

さて、待とうかとも思ったのですが、駅前って実はあまり見るものが無いんですよね。

ということで、今回は断念して来た道を引き返しました。

 

小雨が降り始めたので、とにかくどこか建物の中に、、、と思い中心街へ戻ると、さっそく煙や花火が上がるのが見え、Gilets jaunes (黄色いベスト運動) に出くわしました。

 


近づくと危ないかも、と思ったので横目に通り過ぎて百貨店や本屋さんなどに逃げ込んだのですが、あまり見るものもなく大型店を渡り歩いていると、教会を発見。

※ちなみに宗教家でもなんでもありません。ただの建物好きです。

 

 

サン=ジェローム教会 (Église Saint-Jérôme)

表からはすごくわかりづらい外観のこの教会。カトリックの教会だそうです。

 

サン=ジェローム教会
出典:Google Map

 

ガラスの扉に「Église」(教会) という文字が見えたので、雨宿りもかねて入ってみました。

扉を入ると少し湾曲した細長い廊下になっていて、左手に教会の部屋(?)があります。

 


床が板張りになっていて、内装自体は比較的シンプルなのですが、とっても美しい。

この左右にもそれぞれ小さなお部屋 (祭壇?) があったのですが、真剣にお祈りされている方がいたので入るのは遠慮しました。

 

廊下部分には見事な装飾の十字架などが設置されていました。

 


MONOPRIXのすぐ横、街のど真ん中なのですが、外の騒音が嘘のように聞こえないくらい静かな場所でした。

行事ごとが無いときであれば、ちょっと疲れたときなどに立ち寄るのは良いかもしれません。

 

サン=ジェローム教会 (Église Saint-Jérôme)

WEB:https://www.sanctuaire-saintjerome-toulouse.fr/

 

 

トゥールーズ街中を散策

引き続き雨が降り続いていたので、事前に見つけていたお目当てのカフェへ向かうことにしたのですが、デモと雨の影響もあってか、どのカフェも満席、行列ができている状態で断念。

仕方なく雨の中、トゥールーズの街中を見てまわりました。

 


こちらはアルザス・ロレーヌ通り (Rue d'Alsace Lorraine)。

クリスマスのイルミネーションの飾りが施されていました。

 

一歩横道に入るとこんな感じ。

赤レンガの街並みがとってもきれいです。

 


ちょっとした窓のだまし絵や像なんかを横目に見つつ、

 

 

今度は修道院へ。

 

 

ジャコバン修道院 (Couvent des Jacobins)

雨の中たどり着いたのがこのジャコバン修道院。

 

ジャコバン修道院


中へ入るとまず目につくのは圧巻の高さを誇る柱と天井。

何かのイベントごとのためか、ライトアップされていました。

 

 

写真では少しわかりづらいかもしれませんが、支柱から天井部分に伸びた天井部分が「ヤシの木」のような形になっています。

 

この空間はヤシの木とステンドグラスを除くと、ただ、だだっ広い空間になっています。

 

この奥に有料 (4€) の空間があるのですが、事前に得た情報では中庭を望む回廊がとても美しいのだそう。ただ、この日は雨が降っていて、日もだいぶ落ちてきたので断念しました。

 

有料の空間ではとっても美しい回廊などが見れるようです。↓

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Mary-Kay Ongles Expert(@marykay_ongles_expert)がシェアした投稿 -

 

ジャコバン修道院 (Couvent des Jacobins)

WEB:https://www.jacobins.toulouse.fr/

 

近くのカフェで少し休憩して、今度は大聖堂へ。

 

途中、危ないかもしれないとわかりつつ、雨が降っていたのでまたもやキャピタル広場付近を通過してみたのですが、キャピタル広場自体は全く危なくなく、午前中と変わらない感じ。

雨が降っているからデモも終わったのか?と思って通り過ぎようとすると、目の前に警察官が。

 


キャピタル広場に続く道をふさぐかのように立っていらっしゃいました。

 

私が行きたい方向の道から何かを叫ぶ声が聞こえたので、立っていた警官にあっちは危ないのか?と聞いたところ、少し悩みながら「Non」と言われたので、気にせず向かうことに。

 

行ってみるといました、Gilets jaunes さんたちが。

でも、20人ほどの小規模の団体で、マイクを持って演説しているだけの感じ。

思っていたより全く危なくないなーと横を通り過ぎてお目当ての大聖堂へ。

 

 

サン=テチエンヌ大聖堂 (Cathédrale Saint-Étienne)

街中を歩くこと数分、道の向かいに見えてきたのがサン=テチエンヌ大聖堂 。

 

サン=テチエンヌ大聖堂


サン=テチエンヌ大聖堂は、オートガロンヌ県にあるトゥールーズの歴史的中心部にあるカトリック大聖堂です。

この大聖堂は3世紀に建てられたチャペルをベースに建てられ、150年後にサンテグジュペリによって再建されました。

 

この教会の歴史は、「未完成の大聖堂」と呼ばれるほどの修正、改修、再建が施されています。

ロマネスク様式とゴシック様式が混ざり合った建物のため、そのアンバランスな外観で有名なのだそう。

 

建物の中の構造も、一般的な大聖堂の構造と少し変わっていて面白いです。

 

f:id:Lifeinabroad:20191126094038j:plain
f:id:Lifeinabroad:20191126094104j:plain
f:id:Lifeinabroad:20191126094057j:plain
f:id:Lifeinabroad:20191126094116j:plain

 

パリのノートルダム寺院から直接インスパイアされたバラの窓が西側の壁にあります。

左が内側から、右が外側からの写真です。↓

 

f:id:Lifeinabroad:20191126094146j:plain
f:id:Lifeinabroad:20191126094150j:plain

 

大聖堂内部のゴシック様式の部分には二つのオルガンがあるそうで、その一つがこちら。

高さ12メートル、幅10メートル、重量約13トンのとても大きなオルガン。

 

f:id:Lifeinabroad:20191126094200j:plain

 

通常はサポートというものの上に置かれるものなのだそうですが、こちらは垂直の壁にかけられています。

1612年製のもので、その後数々の人の手によって増加し現在の形に。現在では歴史的記念碑に分類されているそう。

 

夕暮れ時に訪れたため、もう一つのオルガンは暗くて見つからず。。。

 

ここの大聖堂はステンドグラスも美しいと聞いていたのですが、夕暮れ時の雨の日は、暗すぎてよく見えませんでした。。

素敵なステンドグラスを見たいなら、ぜひ太陽が昇っているうちに行ってみてくださいね。

 

 サン=テチエンヌ大聖堂 (Cathédrale Saint-Étienne)

 

 

大聖堂を出ると外はもう夜。

旦那さんを迎えに行く途中に見つけたこの建物。

戦争記念碑なのだそう。

 

f:id:Lifeinabroad:20191126094205j:plain

 

建物を横切って旦那さんと合流へ。

今回のトゥールーズ一日観光はこれでおしまい。

 

 

おわりに

朝メトロに乗って中心街に降り立ちましたが、観光は徒歩でじゅうぶんと思うくらい、想像していた以上にコンパクトな観光地でした。

午前中は結構満喫できましたが、雨と Gilets jaunes さん達の影響で、午後はあまり観光できなかったのが無念です。

 

後で知ったのですが、トゥールーズのデモもそこそこ過激だったようで、私が通った道でも催涙ガスなんかが結構たくさん投げられていたようです。

たまたま出会った Gilets jaunes さん達が安全な方々ばかりだったので、特に危険な目には遭いませんでしたが、一歩間違えると結構危なかったんだなと思いました。

 

フランスではこんな感じでそこそこ過激なデモがあったりもしますが、時間や場所さえ把握していれば観光できないこともないので、万が一デモの日に観光に来てしまった場合は、必ず観光案内所等でデモ情報を仕入れてから観光してみてくださいね。

 

色々難のあった1日でしたが、それでもトゥールーズの街中は思った以上にいろんな歴史的建造物や記念碑があって、一日ではちょっと時間が足りないかな、と思うくらい楽しい一日でした。

気になる方はぜひトゥールーズへ。